販売総代理店

[] 救護用担架

SB-90の詳しい説明はこちら

SB-160の説明はこちら
主な特徴

○軽量・コンパクト(おしゃれな携帯バック付)

○ベルトは分かりやすく色分け

○救急用具ポケット付

○防災マップと一体型 

○外装と担架一体型

○防災・防水布の4層構造

○可動式安全ベルトで身長差対応

○緊急時少人数で搬送可能




救護用担架 SB-90 ¥23,000(送料込・税別)
■外袋と本体担架と救急袋入れが一体化し可本体担架構造は、破断落下を防止するため4層構造で縫製してあります。■コンパクト機能で携帯、保管しやすく、ワンタッチで、素早く担架となります。■特に狭小箇所、階段等の移動には威力を発揮いたします。■本体構造上被搬送者を通常2名で、安全に移動できます。
●サイズ:長さ90cm×横幅50cm●重量:1.2kg 耐荷重:80kg●材質:ポリエステル100%(防炎)<br /><br />●構造:表地:ポリエステル100%中地:ポリエステルメッシュ裏地:ポリエステル100%フレームベルト:ポリプロピレン●価格:24,800円(送料・税込)

SB-90使用方法

1.お尻の位置が、赤マークの中央に来るように座る。2.左右から2人でA/BとCの取手を握り肩ベルトを背中に回して掛ける。3.左右から2人でベルトを使って担ぎます。4.人とベルカごと理容イスなどの移動先に運ぶ。
使用時注意点1.担ぎ手は2名確保してください。2.お尻の位置は右の図の赤いマークにあわせてください。3.外装は本体一体型でなので使用時タンカの裏にテープで固定出来ます。4. 防水、防炎布を使用しているため、汚れを落とすには中性洗剤で拭き取ってください。5. 本体タンカは安全重視で4層構造の縫製をしてありますのが、身体移動以外には使用を避けてください。


救護用担架 SB-160 ¥28,000(送料込・税別)
■介護度の高い方に、敷布(担架)の持ち手を使うと、要介護の方、介助される方、共に楽に寝起きの動作ができ、又体位を変えられる時や身体移動時には、担架として使用できます。<br /><br />■担架布部材は搬送時、切断による落下防止のために、強度のツイル織布の2重構造にしています。■常敷布団の上に引いて使用していただきますと、上記の動作が行なえます。
●サイズ:長さ160cm×横幅65cm●重量:2kg 耐荷重:80kg●材質:ポリエステル100%(防炎)●構造:表地:ポリエステル100%中地:ポリエステルメッシュ裏地:ポリエステル100%フレームベルト:ポリプロピレン●価格:29,800円(送料・税込)
SB-160使用方法
1. ファスナーを開き、伸ばすと担架となります。応急処置が必要な場合は、救急袋より取り出して処置します。2.まず樹ベルトを調整します、担ぐ人の身長差が在る場合低い人のウエストに担架位置を合わせ、水平になるようにしてください。2.まず樹ベルトを調整します、担ぐ人の身長差が在る場合低い人のウエストに担架位置を合わせ、水平になるようにしてください。4.通常使用の場合左右から2人でベルトを使って担ぐことが出来ます。
使用時注意点1.2人で担ぎますので身長差が在る場合には身長の低い方に合わせると軽く楽に移動できます。又搬送者のお尻を担架のマークしている部分に座らせて下さい。(担いだ時の担架位置は骨盤位置前後が楽に担げます)2.接続ソケットに差し込む場合、カチット音がするように完全に差し込んでください。3.洗濯する場合、本体担架を洗濯ネットに入れて使用下さい(担架布は防縮加工布仕様です)4.担架は人身以外の使用はしないで下さい。<br /><br />5.付属の緑色ベルト(安全ベルト)で搬送者を固定して下さい。